冷え性改善のために

「冷え」って何?原因と対策を探ろう

「寒くてよく眠れない」「手足が冷えて仕事が辛い」など、こんな身体の冷えに悩んでいる方、もしかしてあなたもですか? 冷え性は特に女性には大敵。百害あって一利なし、できればすぐにでも改善したいですよね。でも冷え症の改善にはどうすればよいのでしょうか?

俗に言う「冷え性」とは、自律神経失調症のひとつと言われています。文字通り、身体が冷える症状ですね。この症状が出てしまうと身体の様々な部分で不調が起こると言われています。例えば疲れや倦怠感、不眠、めまい、頭痛、しびれ、立ちくらみ、不整脈、動悸、息切れ、あくび、咳。さらに、指先の冷えや下痢、便秘、食欲不振なども。一見、風邪や別の病からくる症状に思えるものが見受けられますが、実は冷え性が原因の場合もあるということなのです。

原因は長時間冷房のきいた空間にいたり、冷水・果物の摂りすぎ、ダイエットによる代謝の低下、薄着、ハイヒール、下着のしめつけなど外的要因のほか、心身のストレスからくる自律神経のバランスの乱れも原因になります。これらの原因から血管が収縮して結構が悪くなり、冷えがおこります。
原因を解決するにはどうしたらよいか?それは自律神経の乱れを整えること。栄養バランスのとれた食事と適度な運動、良質な睡眠や入浴が望ましいと言われています。

TOPへ戻る