今、人気の黒生姜とは?

画像

発酵黒生姜について

発酵黒生姜とは、生姜を独自の技術で発酵・熟成させたもので、発酵技術には酒粕を使用しており主に九州で量産されている生姜です。
一般の生姜の約30倍ものショウガオールを含んでいるため、ポカポカ成分を効率的に取り入れるには最適な材料と言えるでしょう。

発酵させるためには、高知県産や九州産が人気で従来の生姜よりも小ぶりで辛味が強く、強い殺菌効果のあるジンゲロールの含有量が高いためです。ジンゲロールは生姜を発酵・熟成させる過程でショウガオールに変化するため、これだけ含有量が高ければ、それだけ多くのショウガオールが発生すると言えます。例えば、生姜の乾燥粉末100gあたりのジンゲロールとショウガオールの含有量を比べると、従来の生姜の場合はジンゲロールが72mg、ショウガオールが13mg。一方、発酵黒生姜はジンゲロールが35mgに対してショウガオールはなんど370mg。これだけ差が出る発酵黒生姜ですので、チャンスがあれば発酵黒生姜にトライしてみてはどうでしょうか?

人気の発酵黒生姜を使った商品

発酵黒生姜が生産→製品になるまでに手がかかっているため、費用は普通の生姜湯や生姜ドリンクよりも割高です。ただ、先ほどお伝えしたように通常の生姜オールを約30倍も含んでいるので体を温めるスピードや持続性は大きいでしょう。ここでは発酵黒生姜を使ったドリンクやサプリをいくつか紹介します。

TOPへ戻る