夏こそ使おう!生姜アイテム

画像

冬よりも夏に体冷える?

「冷え」ときくと冬のイメージがありますよね。でも、実は夏場のが身体を冷やしやすいのです。肩こりや頭痛、倦怠感、足腰の冷えやしびれなど・・・「夏は体調が崩れやすい」と思い当たる方は要注意。もしかすると、それは冷えからくる症状かもしれません。

夏の屋内は、大抵空調が効いていて涼しいですよね。大体26~27℃に設定されているパターンが多いと思いますが、一旦外出すると30℃を超える日もあります。屋外と屋内の移動が繰り返されると、体温調節をしている自律神経が乱れるとともに、血流が悪くなり、結果的に体調を崩す原因「冷え」につながってしまいます。
さらに、納涼気分でアイスや冷たい飲み物を口にすることが頻発すると、身体の冷えや消化機能も低下してしまいます。

体内を冷やさないための工夫

それでは夏場に身体を冷やさないようにするにはどうすればよいのでしょうか。屋外で汗をかいている場合、屋内に入る前に拭いてから入りましょう。汗は身体の熱を逃がすための大切な作用ですが、汗をかいたまま冷房に当たると、さらに身体を冷やしてしまう恐れがあります。

公共の施設など、場所によっては強めに冷房が設定されている場合がありますが、温度調節ができる場所なら、冷房を28℃前後に設定し直すか、風のあたりを弱くして扇風機を併用し、冷たい空気が循環するようにしましょう。また、冷房が直撃しないよう首振り設定にするか、首にスカーフを巻いたり、脱ぎ着しやすいカーディガンなどの羽織物を持参し、衣服で調整できるようにするのも手です。

自宅の場合は、適度な運動で発汗を促すことで自律神経の乱れを緩和しましょう。また、暑苦しいからといって入浴をシャワーだけにせず、38℃程度のお湯にゆっくり浸かり、身体を温めることもお忘れなく。
最後に、就寝時の冷房は28~29℃程度の温度設定にしておき、睡眠中も稼働させておくことをおすすめします。オフにしてしまうと寝苦しくなって目が覚めてしまし、睡眠の質が低下する可能性があるためです。

夏こそ生姜ドリンク・サプリが強い味方!

もちろん、夏の冷えにも生姜パワーは大活躍します。暑いとどうしてもスキッとする冷たい飲み物が欲しくなりますよね。でも飲みすぎると冷えの原因になってしまうのが悩ましいところ。そこで生姜のポカポカ成分がぎっしり詰まったドリンク・サプリメントが役立ちます。錠剤の場合はそのまま水と一緒に飲めばOK。粉末やシロップなどのドリンク系は、いろんなドリンクと割って飲んでみましょう!同じく身体を温める効果のある紅茶を冷やしておき、粉末やシロップとミックス。飲み物自体は冷たいですが、生姜や紅茶の成分で血流をよくすることができます。生姜と同じく血流を促す効果のある炭酸に入れれば、ショウガオールとのW効果でいっそう冷え対策にもなります。

とはいえ、冷房のきいた部屋で大量に冷たくして飲むのはやはりNG。冷房のない場所で飲んだりするなど、身体を冷やしすぎない場所で飲むように心掛けてください。

TOPへ戻る